女の子と男の子

postheadericon 韓国の人と文化

韓国は、日本から一番近い外国です。
2002年の日韓ワールドカップ開催を機に、日韓の文化交流が盛んになり、韓流ドラマ「冬のソナタ」は中高年女性を中心に一大ブームを巻き起こしました。
その後、韓流ブームは若年者を中心としたK-POPへと移ってゆき、世代を越えて、近くて遠い国だった韓国との距離を一気に縮めてゆきました。
一頃の韓流ブームは、去ってしまいましたが、人的・文化的交流が進んだことで相互理解の一役を担いました。

人気の子供服
子供服は、成長にあわせて買い替えが必要です。
できるだけ、おしゃれで可愛い服を着せてあげたいのが親心ですが、ブランド物となると、価格も大人の衣服とほとんど同じであるにも関わらず、着用する期間は、ほとんどワンシーズンです。
そこで今、人気を博しているのが、韓国子供服です。
フリフリの可愛い物からシンプルな物まで、豊富なデザインで国内メーカーにはないような素敵な子供服が、お手頃価格で販売されています。
子供服にも美を追求するお国柄です。

ランドセルの実力
ランドセルは日本の小学生が使用する通学用のカバンです。
一昔前までは、ランドセルの色といえば、黒と赤でしたが、最近はカラーバリエーションも豊富で、個性や好みに合わせて選択肢が広がっています。
小学生のランドセルは日本特有の文化ですが、お隣の韓国でも使用している小学生がいます。
少数派ではありますが、通常、通学カバンとして使用するリュックは2,3年で買い替えが必要です。
しかし、6年間使用してもほとんど傷まないランドセルの耐久性にひかれて購入するそうです。

子供の夏服

postheadericon 子供服は様々

日本では少子高齢化の影響に伴い、キッズやベビーの市場が大変活気づいています。
子供にお金を使うおじいちゃんやおばあちゃんが増えているからです。
その為、高級子供服などもかなり販売されていて、実際にかなりの売れ行きを見せています。
また、その反面リーズナブルな子供服も大変増えており極端な二極化が進んでいる現状があります。
リーズナブルな商品は、アジアなどの海外で作られている事が多いのですが品質も高く、昔のような粗悪品はあまり見かけなくなっています。

ランドセルの購入
子供用品の代表格と言えばやはりランドセルでしょう。
小学校入学の際に購入して、基本的には6年間使用します。
ランドセルは日本では昔から小学生の必需品でした。
外国ではランドセルを使用する事はなく、普通のバッグやリュックサックを使用する事がほとんどです。
ランドセルもかなり値段の幅があります。
安いものからオーダーメイドの高いものまで様々です。
6年間使用する為、しっかりとしたものを購入される方も大変多いですし、高価な商品の為なるべく安い商品を購入される方もいたり様々です。

他の子供用品
他にも多くの子供用品があります。
その中で現在人気となっているのが、韓国の子供服です。
その特徴はデザイン性の高さにあります。
多くの韓国ブランドが独自のデザインを行っており、人気を集めています。
また、デザイン性の高さの割には価格が良心的な所も魅力の一つとなっています。
その他にも外国の商品は大変人気があります。
北欧デザインの子供用家具なども人気が高いですし、アメリカの子供用品も幅広く販売されています。
人と違った商品を子供に持たせたり、着させたいなら海外商品は魅力的と言えます。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
November 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930